古物商における行商とは?

古物商において行商とは、事業所又は営業所以外の場所で古物商を営むことをいいます。

例えば、

・路上や空き地、公園等での古物の販売
・取引の相手方の住居に赴いての取引
・定期的に開催される市場等での取引

これらのことを行う場合、必ず許可の内容を「行商する」で申請しなければなりません。

ただし、許可の内容が「行商する」になっていても、古物を買い受ける場合には場所が制限されますので注意してください。

例えば、古物商以外の一般の方(法人含め)から売買の委託を受けた、買い受けた、交換したなどの契約をする場合には、必ず古物商であるご自身の営業所、あるいは相手方の住所等で行います。

出店等での買取等は、その契約行為の一部も含めて違法になります。

古物商許可申請について、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、古物商許可申請手続きに関して、お電話・メールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

古物商許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る