標識(プレート)の掲示

標識(プレート)の掲示

国家公安委員会規則で定められた様式の「標識」を、営業所ごとに一般の方が見やすい場所に掲示しておく必要があります。また、露店などを開く場合にも、見やすい場所に掲示しておく必要があります。

標識

様式は以下の通りに定められています。

  • 主として取り扱う古物の品目を記載
  • 色は紺色地に白文字
  • 番号は許可証の番号を記載

また、材質は、金属・プラスチックか同程度以上の耐久性を有するもので作成する必要があります。

この標識は、様式に従ってご自身で作成することもできますが、2000円程度で防犯協会連合会でも販売しています。

古物商許可申請について、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、古物商許可申請手続きに関して、お電話・メールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

古物商許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る