古物商許可申請の流れ

申請の流れ

要件チェック

古物商許可申請が可能であるかどうかについて、欠格要件や営業所の要件などを事前にチェックする必要があります。

許可申請の流れ

必要書類の収集

申請の各種要件を証明するため、官公庁から証明書を取得したり、会社内部の資料から必要なものを選別するなどを行います。

許可申請の流れ

申請書類の作成

申請書類に関しては、統一の様式のほか、管轄警察署によっては独自の様式を準備しているばあいもあります。また、申請書類の部数も何部必要となるかも管轄警察署によっても異なりますので、注意が必要です。

許可申請の流れ

審査

窓口での審査で問題がなければ、申請手数料を納付して受付となります。
審査は、受付後おおよそ40日程度が必要で、審査期間中に警察官による営業所の実地調査が行われます。

許可申請の流れ

古物許可証の受け取り

古物許可証の受け取りに関しては、申請者本人と限定している警察署もあります。
古物許可証を受け取った後、標識を事業所内に掲示して営業を行います。

古物商許可申請について、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、古物商許可申請手続きに関して、お電話・メールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

古物商許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る