申請に必要な書類

申請書類並びに添付書類は、以下の通りとなっています。

また、提出部数は原則として正副二通が必要となりますが、必要部数、添付書類については、管轄の警察署によって若干異なることがありますに注意が必要です。

営業所の賃貸契約書の写しなどは、ほとんどの警察署で添付書類とされていますが、その他にも最寄図や平面図、店舗写真、古物商の営業を行うにあたっての物件所有者の承諾書などが必要となる場合がありますので、事前に管轄の警察署への確認をしておく必要があるでしょう。

許可申請書類

個人

法人

古物商・古物市場主
許可申請書

法人の登記事項証明書

×

法人の定款

×

住民票


本人と営業所の管理者


監査役以上の役員全員と
営業所の管理者

身分証明書


同上


同上

登記されていないことの証明


同上


同上

略歴書


同上


同上

誓約書


同上


同上

外国人登録原票記載事項証明書


申請者が外国人の場合


申請者が外国人の場合

営業所の賃貸契約書のコピー

駐車場等保管場所の賃貸契約書のコピー

URLを届ける場合は、プロバイダ等からの資料のコピー

市場規約・参集者名簿


古物市場主申請の場合


古物市場主申請の場合

※本人以外が申請書を提出する場合は、委任状が必要です。
※法人申請の場合には、社員証等、社員であることを証明するものが必要となります。

古物商許可申請について、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、古物商許可申請手続きに関して、お電話・メールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

古物商許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る