古物商許可申請サポート(個人)

古物商許可申請(個人) 料金36,750円(税込み)

面倒な古物商許可申請を完全代行!!

個人事業での古物商許可の取得をサポートします。

お客様は、本来の営業活動や事業立ち上げに専念していただいている間に、個人事業として古物商をするにあたっての事前のご相談、必要書類の収集、申請書類の作成・提出代行など、古物商許可申請に関わる全てを行います。

※管轄の警察署によっては、「古物商許可証」の受け取りのみ、申請者ご本人にしていただくよう指導される場合があります。

古物商許可申請 報酬額 35,000円(税抜き)
証紙代 19,000円
合 計 53,000円(+報酬額にかかる消費税)
①その他申請に必要な各種行政証明書(住民票等)の取得にかかる実費、通信費等が別途必要となります。

ご利用料金 35,000円(税抜き)

ご利用料金は、個人事業での申請の場合、35,000円(税抜き)となっています。

証紙代 19,000円

古物商許可申請を行う際に、管轄の警察署へ手数料19,000円を支払う必要があります。

その他に必要な実費

個人事業として古物商許可申請を行う際には、添付書類として代表者様や古物商の管理者の方の住民票や身分証明書などの各種証明書が必要となります。

その各種証明書の取得にかかる実費や郵送費用などの実費が、別途必要となります。

お客様にご準備いただくもの

お客様との打合せ等により、おおよその申請書類は作成可能ですが、若干、お客様にご準備いただく書類が発生する場合があります。

管轄の警察署によって、申請に必要な添付書類が若干異なる場合もありますが、以下の書類などのご準備をお願いする場合があります。

・営業所の賃貸契約書や使用承諾書
・事務所平面図
・ホームページがある場合などにはその資料

必要な期間

古物商許可取得までの期間は、おおよそ40日程度が必要となります。

ご依頼いただいた場合の古物商許可取得までの流れ

古物商許可取得までの流れは、以下の通りとなります。

  1. お客様と設立を希望される古物商許可についての打ち合わせを行います。
  2. 行政書士が申請書類の作成及び必要書類の収集を行います。
  3. 委任状・申請書類へ押印をいただいた上で、行政書士が管轄の警察署へ申請を行います。
  4. 管轄警察署の審査の後、「古物商許可証」が交付されます。

古物商許可申請について、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、古物商許可申請手続きに関して、お電話・メールにて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

古物商許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る